3911円 へんしん!ライダーα レッド 野中製作所 おもちゃ 乗用玩具・三輪車 乗用玩具 その他 へんしん ライダーα 贈答品 野中製作所 レッド へんしん ライダーα 贈答品 野中製作所 レッド /devulcanize992490.html,へんしん!ライダーα,レッド,野中製作所,3911円,おもちゃ , 乗用玩具・三輪車 , 乗用玩具 , その他,dalehughesinteriordesign.com /devulcanize992490.html,へんしん!ライダーα,レッド,野中製作所,3911円,おもちゃ , 乗用玩具・三輪車 , 乗用玩具 , その他,dalehughesinteriordesign.com 3911円 へんしん!ライダーα レッド 野中製作所 おもちゃ 乗用玩具・三輪車 乗用玩具 その他

へんしん ライダーα 贈答品 野中製作所 おすすめ特集 レッド

へんしん!ライダーα レッド 野中製作所

3911円

へんしん!ライダーα レッド 野中製作所






【返品種別B】
「返品種別」について詳しく


※画像はイメージです。実際の商品とは異なる場合がございます。
※ヘルメットは付属品ではありません。
スクーターで遊ぶ場合には、お子様の安全のため、ヘルメットの着用をおすすめします。
【商品紹介】
くるっと変身! 乗用&スクーター。

足けり乗用からスクーターへ、お子様の成長に合わせて遊ぶかたちを変えることができる乗用玩具です。
通常のスクーターとくらべて転びにくい三輪型のデザインを採用。
スクーター時に足をまきこまないような本体デザインのほか、
コインひとつで座席の固定・ハンドル高さ調節が行えるなど、
お子様にはもちろん保護者の方にも安心してお使いいただけるよう設計されています。

●「たのしさ」ポイント
・1歳半頃のお子様には、ハンドルを下げて足けり乗用としてお使いいただけます。
・3、4歳くらいからは、座席をひっくり返し、ハンドルの高さを調節することで、スクーターとしてお楽しみいただけます。
・へんしん! ライダーαは、キッズデザイン協議会の主催する第6回キッズデザイン賞を受賞いたしました。

●「やさしさ」ポイント
・従来商品と比べ、走行音の静かな発泡タイヤを採用しました。
・お子様が小さなうち(1歳半頃)は足けり乗用として、3、4歳になればスクーターとして、1台2役で長くお楽しみいただけます。
・本体幅を後輪と同じ幅まで広げることで、後輪に足をひっかけにくい、まきこまれにくい形状になっています。
・ハンドルの高さ調節と座席の固定はコインでも行うことができるので、ドライバーが手元に無い時でも安心です。

【商品仕様】
パッケージサイズ :  61×25×24(cm)
商品サイズ : 乗用時 27×62×42(cm) スクーター時 27×62×59(cm)
重量 : 約3kg
体重制限 : 20kgまで
材質 : ポリエチレン、ポリプロピレン、スチール
対象年齢 : 1.5歳~



(※この説明文は市場店の記載内容です。URLはhttps://item.rakuten.co.jp/jism/で始まります。URLが異なる際はサイトを利用することのないよう十分ご注意ください。)

へんしん!ライダーα レッド 野中製作所

お取引先様各位

水銀のこと。これからのこと。
私たちは日本で唯一の水銀リサイクル処理企業です。

廃乾電池・廃蛍光灯のリサイクル

弊社で蓄積したきた独自のノウハウによる使用済み乾電池・使用済み蛍光灯のリサイクルシステムについてご案内しています。

水銀含有汚泥リサイクル処理

当社では水銀を含む様々な汚泥を処理しています。水銀は様々な場所、物から排出される可能性があり、それらをリサイクル処理しています。

研究開発

他の金属にはない特性を持つ水銀。性質、毒性、用途、安定性など研究を重ね、資源循環型社会の一歩となる研究開発を行っています。

野村興産の各拠点・施設のご紹介

イトムカ鉱業所

北海道東大雪山系に近い標高600mの山間に存在するイトムカ鉱業所は、多くの自然と動植物に囲まれた緑豊かな場所にあります。同鉱業所では含水銀廃棄物処理にとどまらず、多種多様な廃棄物を安全・適正に処理できる体制を構築しており、社団法人全国都市清掃会議・廃棄物処理技術センターからは、1986年「使用済み乾電池」、1999年には「使用済み.....

ヤマト環境センターは地球環境の向上に寄与する会社として、環境計量証明事業を主とする事業所です。環境計量証明事業には、ダイオキシン類測定をはじめ、汚染土壌の分析及び調査・処理、飲料水の水質検査、作業環境測定、排ガス・水質などの濃度測定、騒音・振動測定、ごみ質・焼却灰等分析といった種類があります。これらの事業を通して.....

2004年1月に西日本エリア(中部、近畿、中国、四国、九州)から回収される使用済み蛍光灯の中間処理施設として、またイトムカ鉱業所に移送する乾電池等の積替え保管施設として大阪市西淀川区中島工業団地に関西工場を創業しました。以来、使用済み蛍光灯の破砕減容化と水銀含有物の回収・副産品として回収されるガラスをクローズドシステムの「水洗浄」......

MENU